まず安全第一、ついで低侵襲治療をご提案致します

特色

脊椎疾患、関節疾患、手・肘の外科など広い範囲の疾患をスタッフがカバー致します。
脊椎分野においては、骨粗鬆症患者さんへの治療の充実、手術の低侵襲化を図っています。
関節外科では、人工膝関節置換術、ナビゲーションシステムを用いた人工股関節置換術を基本としています。手術室にはクリーンルームを完備しています。
手の外科では、小型透視装置・手術用顕微鏡・手関節鏡を導入し手術の精度向上と低侵襲化に努めています。

術後リハビリなどで長期入院が必要となる場合には、回復期リハビリテーション病棟と連携し切れ目なく治療を進めることも可能です。

ひざの痛みにお悩みの方へ

股関節の痛みにお悩みの方へ

医師のご紹介

小西 定彦(こにし さだひこ)
役職
統括副院長
専門分野
整形外科一般、脊椎脊髄外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、中部日本整形外科災害外科学会評議員、日本専門医機構認定脊椎脊髄外科専門医

上村 卓也(うえむら たくや)
役職
部長
専門分野
整形外科一般、手・肘の外科、末梢神経外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本手外科学会認定手外科専門医・指導医、日本肘関節学会学会評議員、日本末梢神経学会評議員、日本マイクロサージャリー学会評議員、 日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、Best Doctors 2022-2023

高橋 信太郎(たかはし しんたろう)
役職
副部長
専門分野
整形外科一般、関節外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本人工関節学会認定医、難病指定医

安田 宏之(やすだ ひろゆき)
役職
副部長
専門分野
整形外科一般、脊椎脊髄外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

岸村 裕一(きしむら ゆういち)
役職
医長
専門分野
整形外科一般・関節外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本人工関節学会認定医

寺川 雅基(てらかわ まさき)
役職
医長
専門分野
整形外科一般、脊椎脊髄外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科専門医、難病指定医

松本 聖志朗(まつもと せいしろう)
役職
医長
専門分野
整形外科一般、手・肘の外科
資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医

中井 智也(なかい ともや)
役職
医師
専門分野
整形外科一般
池田 計介(いけだ けいすけ)
役職
医員
専門分野
整形外科一般
神藤 佳孝(しんとう よしたか)
役職
非常勤
専門分野
整形外科一般
資格

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本リウマチ財団登録医

主な疾患

脊椎疾患(頚椎症性脊髄症、腰部脊椎管狭窄症など)、関節疾患(股関節、膝関節)、手及び肘の外科・上肢のスポーツ障害・末梢神経疾患、骨折などの外傷

診療実績 2023年度

・外来患者数  75.0人/日
・入院患者数 39.0人/日
・平均在院日数  17.8日

診療担当医表

1診 小西
(脊椎)
高橋
(関節)
小西
(脊椎)
高橋
(関節)
岸村
(関節)
2診 安田
(脊椎)
岸村
(関節)
安田
(脊椎)
松本
(手の外科)
松本
(手の外科)
3診 寺川
(脊椎)
上村
(手の外科)
中井
(整形一般)
上村
(手の外科)
寺川
(脊椎)
4診 池田
(整形一般)

主な検査・治療実績 2023年度

主要診断群分類(MDC6桁) 件数
脊柱管狭窄(脊椎症を含む)
179件
膝関節症(変形性を含む) 96件
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 80件
椎間板変性、ヘルニア 63件
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 60件
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)頸部 48件
股関節・大腿近位の骨折 29件
脊椎感染(感染を含む) 15件
その他の筋骨格系・結合組織の疾患 12件
手術・処置等の合併症 10件
手術名称(入院) 件数
人工関節置換術 肩・股・膝 150件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)後方椎体固定 81件
椎間板摘出術(後方摘出術) 54件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)椎弓切除 44件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)前方後方同時固定 38件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)椎弓形成 36件
経皮的椎体形成術 34件
骨折観血的手術 肩甲骨・上腕・大腿 27件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)後方又は後側方固定 26件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)前方椎体固定 26件
顕微鏡下腰部脊柱管拡大減圧術 14件
手術名称(外来) 件数
骨折観血的手術(前腕) 56件
手根管開放手術 28件
骨内異物(挿入)除去術(前腕) 28件
創傷処理(筋臓未達5㎝未満) 26件
腱鞘切除術(指) 17件
四肢躯幹軟部腫瘍摘出術(手) 15件
神経剥離術 14件

関連情報

臨床研究へのご協力のお願い

今後の医学・医療の発展のために、患者さんを診療・治療した結果を臨床研究という形で、学会や論文などで報告することがあります。これらの臨床研究は当院の倫理委員会で充分に審議され認められたものです。現在、進めている研究につきましては随時ウェブサイト上でお知らせいたします。

なお個人情報については、患者さん個人を識別できる情報は一切利用しませんので個人情報が外部に漏洩することは一切ありません。

ただし、情報の利用を拒否する権利はございますので、その際は主治医にお申し出ください。

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究

側方進入椎体間固定術の合併症調査研究

整形外科疾患の病態解明および治療成績に関する後ろ向き研究