肺癌診療のさらなる充実を目指す

特色

当科では呼吸器疾患全般の診療を行っておりますが、特に肺癌の患者数は外来、入院とも増加傾向にあります。当院の呼吸器外科、放射線科および緩和ケア内科と密接に連携をとり、がん診療拠点病院として肺癌診療の総合的なレベルアップを目指しています。

検査に関しては、気管支鏡検査だけでなく放射線科の協力のもとCTガイド下肺生検も施行しています。また、超音波内視鏡(EBUS)や胸腔ビデオスコープの新規導入により、これまで当科での確定診断が困難であった縦隔腫瘍、末梢型肺腫瘍や胸膜腫瘍等の診断が可能になりました。

また、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の新規開発により、ここ数年の肺癌治療の進歩には目を見張るものがあります。当科においても、第3世代EGFR阻害剤や免疫チェックポイント阻害剤の症例数も年々増加しています。

人口の高齢化とともに慢性閉塞性肺疾患(COPD)は有病率、死亡率とも増加傾向にあり、今後もこの傾向はさらに強まることが予想されます。医師、看護師、薬剤師、理学療法士、酸素業者等が協力して、在宅酸素療法を含めた包括的リハビリテーションに力を入れています。

最近、睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対する関心が深まり、同症候群の精査目的で当科を受診される患者さんも増加しています。平成14年に睡眠ポリグラフ検査(polysomnography)の機器を導入して以来、同検査の施行数は500件を超え、現在当科のSAS専門外来患者も150名を超えています。

 

医師のご紹介

藤井 達夫
役職
部長
専門分野
呼吸器全般
資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本呼吸器学会専門医・指導医

玉垣 学也
役職
副部長
専門分野
呼吸器全般
資格

日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会内科指導医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医、ICD認定

西田 浩平
役職
医長
専門分野
呼吸器全般
資格

日本内科学会認定内科医、日本呼吸器学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医、大阪府難病指定医

髙木 康裕
役職
医長
専門分野
呼吸器全般
稲津 さつき
役職
医員
専門分野
呼吸器全般
仲岡 裕右
役職
非常勤
専門分野
呼吸器全般
資格

日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会専門医、日本医師会認定産業医

東田 充功
役職
非常勤
専門分野
呼吸器全般

主な疾患

肺癌、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、間質性肺炎、呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群

【専門外来】
睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来 禁煙外来

診療実績 2019年度

・外来患者数  43.4人/日
・入院患者数 25.7人/日
・平均在院日数  13.6日

診療担当医表

1診 藤井 藤井 当番医 藤井 玉垣
2診 玉垣 稲津 髙木 西田 当番医
共通診 東田 仲岡

※水曜日共通診:予約制による無呼吸外来・禁煙外来(午後)

主な検査・治療実績 2019年度

主要診断群分類 件数
肺の悪性腫瘍 328件
肺炎等 86件
間質性肺炎 44件
慢性閉塞性肺疾患 25件
気胸 15件
喘息 14件
胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 12件
肺l高血圧性疾患 11件
誤嚥性肺炎 11件
重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 10件
その他 89件
項目 2017年度 2018年度 2019年度
気管支鏡検査 141件 134件 156件
睡眠時無呼吸症候群 66件 46件 21件
CTガイド下肺生検 9件 8件 12件

関連情報

専門外来のご紹介はこちら