地域に信頼される神経疾患診療を目指して

特色

診療内容

脳神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
具体的な病気としては脳卒中(脳梗塞、脳出血)、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)、てんかん、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィー、重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、髄膜炎、脳炎などがあり、身近な病気(脳卒中、頭痛など)から、いわゆる難病と言われている難しい病気までを対象としています。

これらの病気が原因でおこる症状としては「しびれ」や「めまい」、「うまく力が入らない」、「歩きにくい」、「ふらつく」、「ひきつけ」、「しゃべりにくい」、「頭痛」、「物忘れ」、「意識障害」など様々です。

これらの症状に対して、脳、脊髄、神経、筋肉のうちのどこが原因なのか問診や専門的な診察、検査で診断し、外来・入院診療を行っています。 

当院で行える検査

  • 髄液検査
  • 神経生理学的検査(脳波、神経伝導速度検査、筋電図など)
  • 頚動脈超音波検査
  • 頭部CT、MRI、MRA
  • SPECT(脳血流シンチ、MIBG心筋シンチ、DATスキャン)

医師のご紹介

竹内 潤
役職
医長
専門分野
脳神経内科全般
資格

日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医、難病指定医、大阪市身体障害者指定医(肢体不自由)

諸岡 千暁
役職
医員
専門分野
脳神経内科全般
伊藤 義彰
役職
非常勤
専門分野
脳神経内科全般
資格

日本神経学会認定専門医指導医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本脳卒中学会認定専門医・指導医、日本頭痛学会認定専門医、日本医師会認定産業医、日本認知症学会専門医・指導医

主な疾患

脳卒中(脳梗塞、脳出血)、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)、てんかん、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィー、重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、髄膜炎、脳炎など

診療実績 2019年度

・外来患者数  9.8人/日
・入院患者数  2.2人/日
・平均在院日数 14.6日

診療担当医表

伊藤(義)
(午前のみ)
竹内 諸岡 竹内 竹内

※月曜日:完全予約制(非常勤医師)

主な検査・治療実績 ※2019年度

主要診断群分類(MDC6桁) 件数
脳梗塞 11件
パーキンソン病 7件
運動ニューロン疾患等 4件
免疫介在性・炎症性ニューロパーチ 3件
その他 25件