他科と連携しながら適正な診療を実現

特色

食道・胃・大腸等の消化管や肝胆膵の悪性疾患等に外科治療をはじめ、低侵襲な腹腔鏡下手術(胃切除術、胃全摘術、大腸切除、胆嚢摘出術(急性胆のう炎や胆嚢ドレナージ後症例を含)鼠径ヘルニア修復、虫垂切除術、肝切除、食道切除)と多岐にわたり、各疾患のガイドラインに準じた内容の手術を行い、乳腺についても多くの温存手術を行っています。

手術のみならず、化学療法(術後補助や再発時)や緩和治療、栄養療法、感染症対策にも積極的に取り組みすべての患者さんの利益となるよう留意しております。

スタッフはそれぞれ得意な分野を持っていますが、常にどの分野でも「均一な外科治療」を提供できるようにし、丁寧な説明と治療を心がけています。

医師のご紹介

上田 祐二
役職
院長
専門分野
一般消化器外科
資格

日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医、日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医・指導責任者、日本食道学会食道科認定医、日本臨床外科学会評議員、日本バイオセラピイ学会評議員、近畿外科学会評議員、京都府立医科大学臨床教授(消化器外科学)、日本交通医学会理事、日本医師会認定産業医

赤見 敏和
役職
部長
専門分野
一般消化器外科、乳腺、甲状腺
資格

日本消化器外科学会専門医・指導医、日本外科学会指導医、京都府立医科大学客員講師、京都府立医科大学臨床教授、近畿外科学会評議員

荻野 史朗
役職
副部長
専門分野
胆・膵・消化管 乳腺・肝移植相談・下肢静脈瘤
資格

ICD

玉井 秀政
役職
副部長
専門分野
一般消化器外科
資格

日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医、近畿外科学会評議員

小見山 聡介
役職
医長
専門分野
一般消化器外科
資格

日本外科学会専門医

坂井 利規
役職
医長
専門分野
一般消化器外科
資格

日本外科学会専門医、日本透析医学会透析専門医、検診マンモグラフィー読影認定医

畠山 知也
役職
医長
専門分野
一般消化器外科、肝・胆・膵、腹腔鏡下手術
資格

日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

主な疾患

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・虫垂・肝臓・胆嚢・膵臓などの疾患や乳腺・ヘルニア・肛門疾患(痔核痔瘻)・下肢静脈瘤などの疾患を対象に外科手術で治療を行っています。

診療実績 平成29年度

・外来患者数 46.8人/日
・入院患者数 21.1人/日
・平均在院日数 10.8日

診療担当医表

1診
赤見
(消化器・乳腺)
玉井
(消化器)
上田
(消化器)
赤見
(消化器・乳腺)
荻野
(消化器・乳腺)
2診
坂井
(消化器・乳腺)
荻野
(消化器・乳腺)
玉井
(消化器)
小見山
(消化器)
3診
畠山
(消化器)

※下肢静脈瘤は月・水・木・金に赤見、松村、荻野が対応します。
※水曜日は、乳腺担当が不在となります。
※気胸など緊急を要する呼吸器外科外来は、外来担当医が対応します。

主な検査・治療実績 平成29年度

主要診断群分類(MDC6桁) 退院患者数
鼠径ヘルニア 91件
結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 82件
乳房の悪性腫瘍 81件
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 41件
ヘルニアの記載のない腸閉塞 38件
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 38件
胃の悪性腫瘍 36件
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 24件
胆嚢水腫、胆嚢炎等 21件
虫垂炎 20件
腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く) 19件
手術 症例
鼠径ヘルニア手術 72件
腹腔鏡下胆嚢摘出術 48件
乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 40件
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24件
結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 19件
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18件
乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない) 17件
抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13件
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10件
腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 9件
痔核手術(脱肛を含む)根治手術 8件

関連情報

専門医制度と連携したデータベース事業について

当院 外科は、専門医制度と連携したデータベース事業(NCD)に参加しております。
詳しくはこちら