まず安全第一、ついで低侵襲治療をご提案致します

特色

脊椎疾患、関節疾患、手の外科等広い範囲の疾患をスタッフがカバー致します。
脊椎分野においては、骨粗鬆症患者さんへの治療の充実、手術の低侵襲化を図っています。
関節外科では、股関節股関節・膝関節とも人工関節手術を基本としています、手術室にはクリーンルームを完備しています。
手の外科では、小型透視装置を導入し手術の精度、スピード向上に努めています。

小児骨折、開放性骨折等の症例についても、麻酔科・手術室と連携し迅速な対応が可能です。また併発症の多い高齢者の骨折症例に対しても院内各科と協力し治療を進めております。

術後リハビリなどで長期入院が必要となる場合には、回復期リハビリテーション病棟と連携し切れ目なく治療を進めることも可能です。

ひざの痛みにお悩みの方へ

股関節の痛みにお悩みの方へ

医師のご紹介

小西 定彦
役職
副院長、部長
専門分野
整形外科一般、脊椎脊髄外科
資格

日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

後藤 一平
役職
部長
専門分野
整形外科一般
資格

日本整形外科学会専門医

祷 史明
役職
副部長
専門分野
整形外科一般、関節外科
資格

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医

福田 誠
役職
医長
専門分野
整形外科一般、手の外科
資格

日本整形外科学会専門医、日本手外科学会専門医

安田 宏之
役職
医長
専門分野
整形外科一般、脊椎脊髄外科
資格

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

山村 一正
役職
医長
専門分野
整形外科一般、関節外科
資格

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医

成田 依里
役職
医師
専門分野
整形外科一般
村上 将一
役職
医員
専門分野
整形外科一般
金 裕学
役職
医員
専門分野
整形外科一般

主な疾患

脊椎疾患、(頚椎症性脊髄症、腰部脊椎管狭窄症など)、手の外科疾患、関節疾患(股関節、膝関節)、骨折などの外傷

診療実績 平成28年度

・外来患者数  81.8人/日
・入院患者数 34.2人/日
・平均在院日数  15.8日

診療担当医表

1診 小西

(脊椎)


(関節)
小西

(脊椎)


(関節)
福田

(手の外科)
2診 後藤

(関節)
山村

(関節・外傷)
福田

(手の外科)
山村

(関節・外傷)
後藤

(関節)
3診 安田

(脊椎)
村上

(整形一般)
安田

(脊椎)
成田

(整形一般)


(整形一般)

主な検査・治療実績 平成28年度

主要診断群分類(MDC6桁) 退院患者数
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)  155
膝関節症(変形性を含む。) 77
椎間板変性、ヘルニア 64
股関節大腿近位骨折 53
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 53
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 39
前腕の骨折 33
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)頸部 31
肩関節周辺の骨折脱臼 27
鎖骨骨折、肩甲骨骨折 20
足関節・足部の骨折、脱臼 18
手術名称 症例
人工関節置換術(膝) 82
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 61
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 58
人工関節置換術(股) 47
椎間板摘出術(後方摘出術) 36
骨折観血的手術(前腕) 31
骨折観血的手術(上腕) 23
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 23
骨折観血的手術(大腿) 21
経皮的椎体形成術 15
人工骨頭挿入術(股) 15
骨折観血的手術(下腿) 13
骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 12
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 12
骨折観血的手術(鎖骨) 10
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 10
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 9
内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 9