QOLに配慮し、可能な限り低侵襲治療を選択

特色

【上部消化管領域】

食道がん、胃がんの診断とともに、内視鏡治療の適応となる早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行っています。
潰瘍出血に対する内視鏡的止血術、食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS )や内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)、消化管狭窄に対する内視鏡的拡張術、ステント留置も行っています。
切除不能のがんを含め、可能なかぎり患者さんのQOLに配慮して低侵襲の治療を目指しています。

【下部消化管領域】

内視鏡によりポリープやがんを発見し、適応症例に対して内視鏡的粘膜切除術(EMR)、ポリペクトミーを行っています。
炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)に対しては正確な診断のもとに、多彩な治療の選択肢から患者さんに最も適した治療を選択するとともに社会生活に最大限の配慮を行っています。
過敏性腸症候群をはじめとする機能性消化管疾患に対しても薬物療法や生活指導を含めた丁寧な治療を行います。

【胆膵領域】

胆膵悪性腫瘍に対しては、腹部超音波、CT、MRI、ERCPによる正確な判断を行っています。
また、総胆管結石、化膿性胆管炎、閉塞性黄疸等に対しては内視鏡的な結石除去術、胆道ドレナージ術、ステント留置を急性胆嚢炎に対しては経皮経肝的胆嚢ドレナージ術を行っています。
切除不能がんに適切な化学療法を選択し、QOLに最大限配慮した治療を行っています。


肝臓領域】

B型・C型ウイルス性肝炎に対してはウイルスのタイプや症状に応じた抗ウィルス療法を選択しています。
肝がんの危険群では、早期発見のための腹部超音波検査、CT、MRIによる定期検査、腹部血管造影や造影超音波検査による精密検査を行っています。肝がんの治療にはラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈塞栓療法、肝動注リザーバー療法などを個々の症例に応じて選択し治療を行います。

肝硬変に対する栄養療法、非アルコール性脂肪性肝疾患、自己免疫性肝疾患、薬剤性肝障害などの診断・治療にも積極的に取り組んでいます。

 

内視鏡診断・治療の有効性と安全性に関する後向き検討調査へのご協力のお願い

詳しくはこちら

医師のご紹介

清水 誠治
役職
統括副院長、診療部長
専門分野
消化器全般 消化管(特に大腸)
資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・社団評議員、日本大腸肛門病学会専門医・指導医・評議員・邦文誌編集委員、日本大腸検査学会評議員、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医・代議員

富岡 秀夫
役職
部長
専門分野
消化器全般、消化管、胆膵
資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会専門医・近畿支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・近畿支部評議員、ICD、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医

伊藤 正
役職
総合医療部長
専門分野
消化器全般、肝臓
資格

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・近畿支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医・指導医・西部会評議員、人間ドック健診情報管理指導士、労働衛生コンサルタント、日本プライマリケア連合学会認定医・代議員、日本臨床検査医学会 臨床検査管理医

髙島 英隆
役職
副部長
専門分野
消化器全般、肝臓
資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝臓学会肝臓専門医

横溝 千尋
役職
副部長
専門分野
消化器全般、肝臓
資格

日本内科学会認定内科医、日本肝臓学会肝臓専門医

上島 浩一
役職
医長
専門分野
消化器全般
資格

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本循環器学会循環器専門医

小木曽 聖
役職
医長
専門分野
消化器全般
資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・近畿支部評議員

池田 京平
役職
医員
専門分野
消化器全般
清水 香代子
役職
非常勤
専門分野
消化器全般、消化管
資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会胃腸科認定医

水野 成人
役職
非常勤
専門分野
消化器全般、胆膵
資格

日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・社団評議員、日本肝臓学会肝臓専門医、日本胆道学会指導医、日本医師会認定産業医

平山 哲也
役職
非常勤
専門分野
消化器全般、大腸
資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本医師会認定産業医

梅原 康湖
役職
非常勤
専門分野
消化器全般
資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医

森 敬弘
役職
非常勤
専門分野
消化器全般、肝臓
資格

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・近畿支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓病学会専門医・西部会評議員、日本超音波学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医、人間ドック健診情報管理指導士

梶原 真理子
役職
非常勤
専門分野
消化器全般
資格

日本内科学会認定内科医

杉野 敏志
役職
非常勤
専門分野
消化器全般
資格

日本内科学会認定内科医

主な疾患

上部消化管領域、下部消化管領域、胆膵領域、肝臓領域

診療実績 平成29年度

・外来患者数    77.0人/日
・入院患者数 19.6人/日
・平均在院日数 6.5日

診療担当医表

1診 富岡

(消化管・
胆・膵)
髙島

(肝臓)
富岡

(消化管・
胆・膵)
髙島

(肝臓)
横溝

(肝臓)
2診 池田

(消化器
 全般)
上島

(消化器
 全般)
横溝

(肝臓)
清水

(大腸)
上島

(消化器
 全般)
3診 伊藤

(肝臓)
清水

(大腸)
小木曽

(消化器
 全般)
池田

(消化器
 全般)
小木曽

(消化器
 全般)

主な検査・治療実績 平成29年度

主要診断群分類(MDC6桁) 退院患者数
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 370
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 83
胆管(肝内外)結石、胆管炎 67
慢性C型肝炎 44
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 38
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 29
胃の悪性腫瘍 27
膵臓、脾臓の腫瘍 25
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 23
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 18
ヘルニアの記載のない腸閉塞 17
検査項目
上部内視鏡検査(食道・胃・十二指腸) 3,608件
下部内視鏡検査(大腸) 1,902件
上部内視鏡下生検 888件
下部内視鏡下生検 321件
内視鏡的大腸ポリープ切除術 222件
内視鏡的胃ポリープ切除 1件
内視鏡的大腸粘膜切除術 241件
内視鏡的大腸粘膜下層剥離 1件
内視鏡的胃粘膜切除術 13件
内視鏡的胃粘膜下層剥離術 9件
上部内視鏡的腫瘍焼灼術 9件
ピロリ菌検査 132件
内視鏡的下部消化管止血術 16件
内視鏡的上部消化管止血術 20件
内視鏡的胃・十二指腸狭窄拡張術 11件
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 143件
内視鏡的小腸・結腸狭窄部拡張術 6件
内視鏡的乳頭切開術(EST) 24件
内視鏡的 胆道結石砕石術・結石除去術 15件
内視鏡的胆道 ドレナージ 52件
内視鏡的乳頭バルーン拡張術 13件
腹部エコー 4032件
腹部エコー(当院人間ドック患者) 1,455件
肝臓生検 15件
肝腫瘍生検 15件
経皮的エタノール注入療法(PEIT) 1件
造影腹部エコー 15件
腹部エコー(パルスドプラ法) 20件
経皮経肝胆嚢吸引穿刺法
3件
経皮的ラジオ波焼灼術(2cm以内) 19件
経皮的ラジオ波焼灼術(2cmを超える) 3件
経皮経肝的胆嚢ドレナージ術(PTCD) 11件
経皮経肝的胆嚢ドレナージ術(PTGBD) 4件
経皮的肝膿瘍ドレナージ 3件
経皮的腹腔膿瘍ドレナージ 1件
ドレナージチューブ造影 4件
ドレナージチューブ交換 10件
異物除去 3件
PEG造設 3件
超音波 17件