薬剤部のご紹介

薬剤部長 東海秀吉

薬剤部は、よりよい医療を患者さんに提供すべく職員が一丸となって様々な取り組みを行ってきました。これまで積み上げた実績には、薬剤管理指導料の算定件数及び算定率の向上、病棟薬剤業務を通じた薬剤師介入事例の集積と積極的に院内に情報を発信する仕組みの構築、外来がん患者指導の実施、医師・看護師の負担軽減を目的とした薬剤師による処方入力支援、病院経営に貢献すべく医薬品購入額削減及びDPC機能評価係数Ⅱ後発医薬品指数の向上、入退院サポートセンターにおける入院前持参薬の確認などがあります。さらに最近では、疑義照会簡素化プロトコルの運用に始まり連携シートを活用した服薬指導など地域薬剤師会並びに保険薬局薬剤師と協働で薬薬連携を推進しています。また、大阪鉄道病院には病院改革を推進すべくイノベーション委員会も設置され、当院の薬剤師も積極的に参加し、多職種連携で病院目標の達成に向けて取り組んでいます。
今後も引き続き、患者さんに安心安全な薬物治療を提供できるよう、また、ご期待に応えることができるよう新たな取り組みにチャレンジしていきます。

運営方針

病院目標に従って薬剤部業務の質及び効率的運用を目指した目標を年度毎に設定し、その目標を達成するための努力を関連部門と協力し実施します。また、その目標達成に向けてアクションプランを作成し、薬剤部員が一丸となって取り組んでいきます。

業務内容

入退院サポートセンター

入退院サポートセンターを立ち上げ、手術などで入院される予定の患者さんを対象に、普段使用されているお薬の情報の確認を始めました。血をサラサラにするお薬など手術を受ける際に注意が必要なお薬を事前に確認し、聞き取ったお薬の情報を入院後も活用して、患者さんが安心して手術を受けられるようサポートしています。

持参薬受け取り業務

入院される患者さんのお薬の内容(種類、服用方法等)を確認するために、入院受付と同時に薬をお預かりしています。確認した内容は医師、看護師と情報を共有し、入院中、安全に安心してお薬を服用頂けるように努めています。入院中に開始・変更となったお薬のことは病棟担当の薬剤師が説明を行っています。

病棟薬剤業務

各病棟の薬剤師は、患者さんが安心して薬物治療を受けられるよう、日々取り組んでいます。持参された薬やアレルギー・副作用歴の確認、薬と薬の飲み合わせ確認や薬効、注意事項の説明を行っています。退院時には、薬剤情報提供用紙を用いて説明をするとともに、お薬手帳に記録をして他の医療施設と情報共有をしています。薬について何か分からない事があれば気軽に声をかけてください。

医薬品情報管理業務(DI)

医師や看護師からの医薬品に関する問い合わせに対して正確な情報提供が出来るように、医薬品情報の収集・整理・保管業務を行っています。また、厚生労働省や製薬会社などから最新の医薬品情報を収集し、安全で適切な薬物治療が出来るように「DIニュース」や「薬剤部だより」として、他の医療スタッフに随時情報提供しています。

調剤業務(内服薬・外用薬)

安心・安全な薬物治療の提供のため薬剤師は処方箋に基づいて、薬品名、規格、用法・用量、相互作用などを確認し調剤しています。また、処方内容に疑義がある場合は処方医に確認を行い(疑義照会)調剤を行います。薬剤には様々な剤形があり、患者さんのニーズに合わせて、散剤・水剤・一包化調剤も行っています。

調剤業務(注射薬)

入院・外来で使用する注射薬を患者さん毎に1施用毎に取り揃えて調剤を行っています。入院患者さんの注射薬の調剤では、薬剤師が投与速度・希釈液・溶解液・配合変化等を確認し、良質で安全な薬物療法を提供できる様、日々努めています。抗がん剤の調剤は化学療法センターで投与量・投与間隔を確認しながら業務を実施しています。

化学療法センター業務

化学療法センターでは医師、看護師その他の医療スタッフと協力し、患者さんに安心・安全な医療を提供できるように努めています。薬剤師は抗がん剤治療について、外来・入院ともに治療計画に基づき投与量、投与期間、休薬期間、投与順序、投与経路、併用薬剤などを薬学的に確認し、混合調剤を行っています。また、平成28年度より外来がん治療認定薬剤師による薬剤指導を開始し、化学療法の副作用対策にも貢献しています。

医薬品管理業務

医薬品の在庫管理(購入・供給)を行い、医薬品が適正かつ安全に使用されるように、病棟や手術室などに配置している薬剤の保管方法や有効期限等のチェックを行っています。また、毒薬・劇薬、向精神薬、特定生物由来製品の法規制管理を行っています。

麻薬管理業務

医療用麻薬は、手術中、手術後の痛み、がん性疼痛などの症状緩和に使用される医薬品であり、「麻薬および向精神薬取締法」により厳密に管理が規制されています。薬剤部では麻薬の購入・保管・麻薬処方箋による調剤・交付、手術室使用麻薬の定数管理業務及び都道府県知事への各種届出・麻薬年間使用実績報告を行い病院内における医療用麻薬の継続的な適正管理・使用を推進しています。

製剤業務

患者さんの状態、疾病の種類や程度により、製薬企業による製造・販売されていない特殊な薬剤が必要な場合があります。薬剤部では、医師と協議し必要に応じて病院独自の製剤を調製することで、治療の提供に貢献しています。

治験管理

新薬を開発し市場に安全な医薬品を提供するためには、医療機関での臨床試験「治験」が必要です。当院では治験審査委員会を設置し、新薬開発への手助けを行っています。薬剤部は医師、治験コーディネーターと連携を図りながら、治験薬の厳正な管理を担当しています。

治験関連書式

治験開始までの流れ

  1. 治験の依頼(依頼者→担当医師)
  2. 合意(依頼者↔担当医師)
  3. 事前ヒアリング
    (IRB前月の初旬~中旬)
    責任医師、分担医師、看護師、臨床検査技師、総務課、医師課、治験事務局、CRC等で治験内容の説明を受け、実施上の問題点を解決。
  4. 申請(IRBの2週間前まで)
  5. 治験審査委員会
    (IRB)(原則 第1月曜日)
    依頼者出席について
    依頼者(CRO)のIRB出席は、責任医師と事前に相談
  6. 契約締結
    契約締結日
    治験薬搬入等で急ぎの締結を希望の場合は事前に相談
  7. スタートアップミーティング
  8. 治験実施
問い合わせ先
連絡先 大阪鉄道病院 薬剤部 治験事務局
担当 中井(なかい)・小牟田(こむた)
TEL 06-6628-2221
E-mail yutaka-komuta@westjr.co.jp

実務実習生受け入れ

薬学部6年制の実務実習に協力し、当院では実習生を受け入れています。2.5ヶ月間の実習期間の中で、薬剤部内での業務をはじめ、病棟業務など薬剤部外の業務も学び、医療機関でしか出来ない経験をしていただきます。また、病院薬剤師として患者さんや医療スタッフとの関わり方についても学んでいただきき、将来“医療の担い手”として薬剤師の役割を果たすことが出来る人材育成に取り組んでいます。

認定資格

日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 9名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 6名
日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 2名
日本病院薬剤師会生涯研修履修認定 7名
日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 1名
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 2名
糖尿病療養指導士 2名
日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム(NST)専門療法士 2名
日本臨床腫瘍薬学会外来がん治療認定薬剤師 2名
健康食品管理士 1名

当院担当のMRの方へ

関連リンク