JR大阪鉄道病院

消化器内科

特色

上部消化管領域


清水 誠治(副院長、部長)

ヘリコバクター・ピロリ陽性の胃・十二指腸潰瘍に対しては除菌療法を行い、潰瘍症からの離脱を図ります。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍からの出血に対しては速やかに内視鏡的止血術を行います。

食道静脈瘤に対しては内視鏡的硬化療法や結紮術を行い、出血予防に努めます。

食道・胃早期癌に対しては正確な診断を行なった上で治療方針を決定し、可能な限り患者さんのQOLに配慮して内視鏡的粘膜切除術や粘膜下層剥離術を行います。
切除不能の消化器癌に対しては入院での化学療法導入後、可能な限り外来化学療法に移行します。QOL向上、栄養状態の改善などを目的として食道狭窄拡張術、食道癌に対するステント留置術、経皮的胃瘻造設術にも取り組みます。

 

下部消化管領域

下部消化管内視鏡により大腸ポリープや早期癌を発見し、適応症例に対して内視鏡治療(ポリペクトミー・粘膜切除術)を行います。検査・処置に際しては穿孔、出血などの偶発症を予防すべく細心の注意を払っています。

炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)に対しては正確な診断のもと、標準的な治療を選択します。とくに潰瘍性大腸炎においては免疫調節剤によるステロイド離脱、緩解維持を、クローン病では適応を絞ってインフリキシマブの投与を行います。基本的に通院で治療し、社会生活に最大限の配慮を行います。

過敏性腸症候群については他疾患を除外した上で、薬物療法を中心として生活指導を含めた治療を行います。

 

胆膵領域

総胆管結石に対しては内視鏡的な結石除去術、胆管狭窄による胆管炎や閉塞性黄疸に対して内視鏡的あるいは経皮的に胆道ドレナージ術やステント留置を行います。

急性胆嚢炎に対しては経皮経肝的胆嚢ドレナージ術を積極的に行います。

切除不能の消化管癌に対しては入院での化学療法導入後、可能な限り外来化学療法に移行します。

 

肝疾患

B型肝炎にはラミブジン、エンテカビルなどを用いた抗ウイルス療法を行います。

C型肝炎にはペグインターフェロン・リバビリン併用療法を中心としたインターフェロン治療、肝庇護療法としての瀉血療法を行います。

肝癌の危険群では、早期発見を目的に超音波検査、CT、MRIによる定期検査に加え、腹部血管造影、造影超音波検査も取り入れ、早期発見に努めます。

肝癌の治療にはラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈塞栓療法、肝動注リザーバー療法などを個々の症例に応じて選択し治療を行います。 肝硬変に対する栄養療法や、自己免疫性肝疾患や最近増加している非アルコール性脂肪性肝疾患の診断・治療にも取り組みます。

 

医師

  医師名 役職 専門分野 資格
  清水誠治 副院長、部長 消化器全般
消化管(特に大腸)
日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・社団評議員・医療安全委員・和文誌査読委員・専門医試験問題選定委員、日本大腸肛門病学会専門医・指導医・評議員、日本大腸検査学会評議員、日本消化管学会胃腸科認定医・指導医・代議員・試験問題作成委員
  富岡秀夫 部長 消化器全般
胆膵
日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会専門医・近畿支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・近畿支部評議員、ICD、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本消化管学会胃腸科暫定専門医・指導医
  髙島英隆 副部長 消化器全般
肝臓
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝臓学会肝臓専門医
  横溝千尋 医長 消化器全般 日本内科学会認定内科医、日本肝臓学会肝臓専門医
  福田 亘 医長 消化器全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本消化管学会胃腸科認定医・暫定専門医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  上島浩一 医長 消化器全般 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本循環器学会循環器専門医
  伊藤 正 総合医療部長 消化器全般
肝臓
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・近畿支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医・指導医・西部会評議員、人間ドック健診情報管理指導士、労働衛生コンサルタント、日本プライマリケア連合学会認定医・代議員、日本臨床検査医学会 臨床検査管理医
  清水香代子 非常勤 消化器全般
消化管
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会胃腸科認定医
  水野成人 非常勤 消化器全般
胆膵
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・学会評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・社団評議員
  平山哲也 非常勤 消化器全般
大腸
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本医師会認定産業医
  大見 甫 非常勤 消化器全般 日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本超音波医学会専門医・指導医
  梅原康湖 非常勤 消化器全般 日本内科学会認定内科医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
  藤井恒太 非常勤 消化器全般 日本内科学会認定内科医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本医師会認定産業医、日本プライマリケア連合学会認定医
  森 敬弘 非常勤 消化器全般
肝臓
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医・近畿支部評議員、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓病学会専門医・西部会評議員、日本超音波学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医、人間ドック健診情報管理指導士

 

 

診療担当表

診療担当については、こちらのページでご確認ください。

 

診療実績(平成26年度)

     
  外来患者数 85.7人/日
  入院患者数 18.8人/日
  平均在院日数 11.2日

 

 

 

主な検査・治療実績(平成26年度)

     
  上部消化管内視鏡検査 3,542件
  下部消化管内視鏡検査 1,668件
  食道・胃腫瘍内視鏡切除(ESD・EMR) 31件
  大腸腫瘍内視鏡切除 393件
  内視鏡的止血術 29件
  食道静脈瘤治療(EIS・EVL) 6件
  消化管拡張・ステント留置 15件
  胃瘻増設術(PEG) 2件
  胆膵内視鏡検査
 (うち処置(結石除去、胆道ドレナージ) 121件)
186件
  腹部超音波検査 5,936件
  造影超音波検査 17件
  エタノール注入療法(PEIT) 92件
  ラジオ波焼灼療法(RFA) 33件
  超音波ガイド下肝生検 11件
  肝動脈化学塞栓術(TACE) 85件